トップ > ブルーベリー > アントシアニン

アントシアニン

ブルーベリーに含まれる成分で特に有名なのが、

アントシアニンです。

どんな物質かは知らなくても、

名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

ブルーベリーの濃紺の色というのは、

実はこのアントシアニン色素の色なのです。

例えばビルベリー、ブルーベリー、クロマメノキは、

同じベリーの仲間ですが、色が違うのは、

15種類あるアントシアニン色素の種類や

含有量の差が出たものなのです。

そしてアントシアニンは目にいいというのは、

何となく分かっていますが、実際にはどんな効果があるのでしょうか。

まずは、疲れ目を予防・改善する働きがあります。

また、瞳孔や水晶体の働きを助ける毛様体の血行を

良くする効果もあります。

他に目以外にも効果があることが分かっていて、

血圧を上昇させる酵素の働きを抑えて、血圧上昇を抑えたり、

軽い肝機能障害の改善をしたり、抗酸化作用によって

アンチエイジングの効果があったりと、

多種多様な効果が認められています。

しかし、アントシアニンは、効果の継続性がありません。

効果は食後4時間で現れてきて、24時間後には無くなります。

ですから、アントシアニンの効果を維持するには、

毎日少しずつ摂取しなければなりません。

ですから、サプリメントで摂取する方が効率的なのです。

ブルーベリー

前の記事 | 次の記事

関連記事