トップ > ブルーベリー > ブルーベリーとは

ブルーベリーとは

ブルーベリーは実はツツジ科の植物です。

名前の由来は見たまんまの青い小さな果実を付けることから

付いたもので、北半球のあちらこちらに自生しています。

ブルーベリーは品種改良がかなり進んでいて、

大きくて甘い果実が取れるように果樹としての品種が

沢山作られていて、今や世界中で取ることができます。

日本でも全国で栽培が可能で、色々な所で作られています。


成分としては有名なアントシアニンが豊富なのが特徴です。

これはポリフェノールの一種ですが、

目の血行をよくしてくれ、目の動きを助けてくれるため、

眼精疲労に非常に優れた効果を発揮してくれ、

時には視力の回復まで起きることがあります。

その他には抗酸化作用が非常に高く、アンチエイジングの効果や

冷え性の予防、生活習慣病予防などにも効果を発揮します。

またビタミンAやビタミンC、亜鉛にマンガンも豊富で、

食物繊維もたっぷりですから、動脈硬化予防や便秘の解消にも

効果があるという素晴らしい果実なのです。

ブルーベリー

前の記事 | 次の記事

関連記事